北朝鮮に引き続き圧力 日米防衛相が電話会談

小野寺五典防衛相
小野寺五典防衛相

 小野寺五典防衛相は9日午前、マティス米国防長官と電話会談し、韓国と北朝鮮の対話再開に関して「北朝鮮が核・弾道ミサイル開発の政策を変更することが対話の基本だ」との認識で一致した。引き続き連携して圧力を最大限まで高めていく方針も確認した。

 両氏はまた、会談で「対話のための対話であってはならない」との考えを確認した。小野寺氏は、対話再開の背景について「圧力が北朝鮮に一定の効果を及ぼしているのではないか」との見方を伝えた。

 沖縄県で相次いだ米軍普天間飛行場(宜野湾市)所属のヘリコプター不時着についても意見交換。マティス氏は「緊急着陸などが続いている状況を十分認識しており、重要な課題としてしっかり取り組みたい」として謝罪の言葉を述べた。小野寺氏は再発防止や点検整備について抜本的な対策を講じるよう求めた。

会員限定記事会員サービス詳細