速報

速報

北朝鮮がミサイル発射の可能性

体操採点、高難度技も見逃さない AIやレーザー活用、東京五輪での実用化目指す

採点支援以外の活用も期待されており、跳躍の高さなどデータの一部はテレビ中継に応用され始めている。富士通の担当者は「技の名前やルールの知識があまりない人も多く評論できない。ファンの数に影響しているのでは」と指摘。選手の卓越した技術が数値でリアルタイムに伝われば体操人気拡大を後押しする可能性もある。

「このシステムの開発は『世界の人たちは東京五輪ではロボットが採点すると思っているよ』と冗談で話したことから始まった」とFIGの渡辺守成会長は語る。

富士通によると、18年は測定の精度向上を目指し、レーザー機器の配置などを再検討。選手の髪や肌の色、タトゥーの有無などによってレーザーの反射強度が変わってくるため、外国選手の測定機会も増やしていきたいとしている。

会員限定記事会員サービス詳細