【まあええか人生】昔のカラオケ機の「採点」 天童さん36点! すかさず「壊れてるやん」 それが今は…演歌歌手・おおい大輔(1/2ページ) - 産経ニュース

速報

速報

池田が「銀」、山西が「銅」 男子競歩20キロ

メインコンテンツ

まあええか人生

昔のカラオケ機の「採点」 天童さん36点! すかさず「壊れてるやん」 それが今は…演歌歌手・おおい大輔

【まあええか人生】昔のカラオケ機の「採点」 天童さん36点! すかさず「壊れてるやん」 それが今は…演歌歌手・おおい大輔
【まあええか人生】昔のカラオケ機の「採点」 天童さん36点! すかさず「壊れてるやん」 それが今は…演歌歌手・おおい大輔
その他の写真を見る (1/2枚)

 大物演歌歌手、天童よしみさんの付き人を14年務め、平成11年にデビューしたおおい大輔さんの脱力ゆるゆるコラム。今回はカラオケ機の「採点」の話です。

鳥肌たった天童さんの歌 しかし…

 最近のカラオケ機の採点は、すごいでんな。昔とは内容が大違い。そういえば30年近く前やったか、師匠の天童よしみさんが「最近のカラオケ、点数でるみたいやなあ? やってみよか」って、自宅にあったカラオケの機械で、曲は忘れてしもたけど、師匠のオリジナルを歌わはったら、やっぱり凄いっちゅーねん。横で聴いてて鳥肌たちましたがな。

 そしていよいよ点数でんがな。今みたいにすぐに写真撮れたらよかってんけど、当時は携帯電話もそんなに持ったはれへん時代やし、証拠写真はおまへんねんけど、出た点数見てビックリ。

 なんと「36点」くらいやったと記憶しています。

 天童さん、すかさず「大輔、この機械壊れてるやん」やて。さすがわてのお師匠はんや。

自分の曲なのに「キーが高い」「がんばって声出せ」…

 あれから30年。最近のカラオケの採点の進化はほんまに凄い。

 先日、姫路(兵庫県)のお店での仕事の時、カラオケの採点のスイッチが入ったまま、わてのオリジナル「男ごころよ」を歌ってみたら、点数はまあまあやってんけど、分析っちゅうのんが面白いねん。