「欽どこ」真屋順子さん死去、欽ちゃん後日の偲ぶ会でお別れの言葉

1982年に撮影した「欽どこ」ファミリー。“お母さん”の死に悲しみに暮れている
1982年に撮影した「欽どこ」ファミリー。“お母さん”の死に悲しみに暮れている

 1976年から86年まで放送されたテレビ朝日系「欽ちゃんのどこまでやるの!」のお母さん役で人気を博した女優、真屋順子(まや・じゅんこ、本名高津詔子=たかつ・しょうこ)さんが、昨年12月28日に死去したことが5日、分かった。75歳。葬儀・告別式は近親者で済ませた。「欽どこ」で真屋さんと夫婦を演じたタレント、萩本欽一(76)は悲痛な思いからこの日はコメントは出さず、後日に行われる偲ぶ会で愛妻にお別れの言葉を贈る。