有馬温泉、繁忙期は民泊禁止 神戸市、条例骨子案を発表 

 住宅に有料で旅行者を宿泊させる「民泊」をめぐり、関西の奥座敷・有馬温泉を抱える神戸市は5日、温泉のある同市北区有馬町を対象に、観光客の少ない6月前後の2カ月間を除き、民泊営業を禁じる規定を盛り込んだ条例骨子案を発表した。市によると、具体的な地域に限定した民泊規制は全国的に珍しい。

 民泊を解禁する住宅宿泊事業法(民泊新法)が今年6月に施行されるのを踏まえ、2月市議会に条例案を提出する方針。

 骨子案によると、ゴールデンウイーク明けの5月中旬から夏休みが始まる7月中旬までの2カ月間を除くすべての期間、温泉のある有馬町で民泊の営業を禁じる。市の担当者は「繁忙期に狭いエリアに観光客が過剰に集まり、周辺環境が悪化するのを避けるのが狙い」と説明している。

 市内全体でも、学校など教育施設の周辺100メートル以内や住居専用地域での営業は全面禁止とする。

 兵庫県も昨年末、国立公園や温泉地などでの民泊の営業期間を制限できる条例骨子案を発表している。