貴乃花降格

全会一致で貴乃花理事の解任決定 相撲協会、初めて 臨時評議員会

 元横綱日馬富士関の暴行事件で日本相撲協会は4日午前、東京都墨田区の両国国技館で臨時評議員会を開き、昨年秋巡業中に起きた事件の報告を巡業部長として怠るなどした貴乃花親方(45)=元横綱、本名花田光司、東京都出身=の理事解任決議を審議し、全会一致で承認した。理事の解任は相撲協会で初めて。

 昨年12月28日の臨時理事会で、貴乃花親方の理事から役員待遇委員への2階級降格処分を評議員会に提案することを決議していた。2月に予定されている理事候補選挙への立候補は認められる。

 貴乃花親方は協会への報告義務を怠り、被害者で弟子の貴ノ岩関や自身に対する協会危機管理委員会の聴取要請を再三拒否するなど、非協力的だったとして処分対象となった。

 事件に関連し元日馬富士関の師匠だった伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)は理事を辞任し、役員待遇委員に2階級降格となり、現場の酒席に同席した白鵬関、鶴竜関の両横綱は減給処分を受け、八角理事長(元横綱北勝海)も3月までの報酬を全額返上するとした。

 一方、鳥取簡裁は同日、傷害罪で略式起訴された元日馬富士関に罰金50万円の略式命令を出した。

会員限定記事会員サービス詳細