扇千景さん「新たな挑戦が生きる糧に」

 昭和8(1933)年に創刊し今年、85周年を迎えた産経新聞は、誰もが100歳まで生きることが当たり前となる時代に備え、「100歳時代プロジェクト」をスタートさせた。産経新聞と同い年の元参院議長、扇千景さんは女優から政治家に転身し、妻として歌舞伎俳優、坂田藤十郎さん(86)を支え、母として2人の子供を育て、いくつもの人生のステージに立ってきた。「新しいことへの挑戦が生きる糧」。そう語る扇さんの歩みには、「100歳時代」を健康に楽しく生きるヒントが詰まっている。

夫婦円満の秘訣は

 人それぞれの生き方がありますが、私の場合はとにかく前向きです。政界引退後は主に舞台に立つ主人をサポートしています。

 結婚生活も60年。歌舞伎一筋の主人は家では、ガスも消せない、靴下がどこにあるかも分からない人です。国会議員のときでも、夫の地方公演では宿泊先のホテルに行き、着る順番に肌着を並べるなど支度を調えてきました。国会があろうがなかろうが主人が翌日着る和服の準備を夜遅くまでしていたものです。

 周囲からよく「歌舞伎役者の奥さんで大変でしょう」って言われました。大変は大変ですが、どの社会も同じだと思います。サラリーマンだって上役の人に気を使ったり、いろいろあったりするでしょう?

 旦那さんがリタイアして家にいるようになると、嫌がる奥さんが多いですが、夫婦はお互いを理解し合って、思いやることが大事ですよ。尽くすことが夫婦円満の秘訣(ひけつ)です。

もう一度結婚しても

 一昨年11月、がんの部分切除手術を受けました。知人からボディークリームをいただいて、うれしくて入念に塗っていたらわきの下に何かある。検査で乳腺にできる初期の乳管がんと診断されたんです。

 東京・歌舞伎座で公演中だった主人は私が入院していた1週間、毎日、病院に泊まり、病室から歌舞伎座に通いました。年明けにも大阪松竹座で公演があり、大阪の病院で術後の放射線治療を19回受けることになりました。このときも、地下鉄に乗って通ってくれました。

 以前に「徹子の部屋」(テレビ朝日系トーク番組)で、もう一度結婚するなら、主人を選ぶかどうかを聞かれたんです。主人は女性との噂も多かったですし、そのときは「嫌です」って答えました。でも、病気のときにとても親切にしてくれたので、昨年3月、夫婦で出演したときには黒柳徹子さんに「宗旨変えしました」って言いましたよ。