ニュースの深層

成年年齢引き下げで酒は?たばこは? 混乱必至は成人式のワケ

 法務省は「このタイミングを逃すと、選挙権年齢と成年年齢がずれていることに国民が慣れてしまい、『ずれていてもいいのでは?』という雰囲気が生まれてしまう」などとしており、改正できなくなるとの危惧を抱いているようだ。

影響は限定的も…成人式は混乱?

 成年年齢が18歳になると何が変わるのか。法律で「20歳未満はだめ」とされているのは、飲酒(未成年者飲酒禁止法)、喫煙(未成年者喫煙禁止法)、馬券購入(競馬法)といった身近なことから、医者になること(医師法)などさまざまある。

 このうち飲酒、喫煙は法律の条文で「満二十年ニ至ラサル者」と年齢を明記しており、民法とは連動していない。一方、競馬法や医師法は条文で「未成年者」としているので、改正の影響を受けることになる。

 そして、どうなるかといえば、飲酒、喫煙の条文は現行のまま。競馬法は民法改正に合わせて「未成年者」を「20歳未満」に変えるという。医師法の条文は維持される見通しだが、そもそも医師国家試験は大学医学部などを卒業しないと受験できないので、18歳で医者になることは事実上不可能。結局、多くのことに変化はないとみられる。

 また、成年年齢の引き下げに合わせ、結婚年齢の変更案も国会提出される。男性18歳以上、女性16歳以上と定められているものを、男女とも18歳以上にする。さらに、現在は20歳未満の人の結婚には親の同意が必要だが、この同意は不要になるという。

会員限定記事会員サービス詳細