【2018大予測】「森永ラムネ」がブレイクの予感 口コミで広がるビジネスパーソンの仕事能率アップ!?(5/5ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

2018大予測

「森永ラムネ」がブレイクの予感 口コミで広がるビジネスパーソンの仕事能率アップ!?

 記者も長時間集中して頭がボーッとなりそうになると、森永ラムネを口にして脳をシャキッとリフレッシュさせてこの記事を書いている。しかし過剰な期待は禁物だ。なぜなら個人の能力が向上するわけではないからだ。2018(平成30)年注目の森永ラムネの力を借りても自身の非才は今年も変わらず四苦八苦するだろう。

(経済本部 佐竹一秀)

 森永ラムネ 昭和48年に1本30円で発売(現在の希望小売価格は76円)。ソーダのような清涼感と、かむと「シュワ〜」と口の中で広がる発泡感が特徴の錠菓。1本29グラムでおおむね20粒入り。これまでにコーラやいちご、マスカットなどさまざまな味を販売。累計販売本数は非公表。