衝撃事件の核心

ガールズバーの店長は16歳少女、ネオンの陰に消えた彼女たちのエレジー(哀歌)

ネオンがまぶしい京橋駅周辺の街並み=大阪市都島区
ネオンがまぶしい京橋駅周辺の街並み=大阪市都島区

大阪市内の繁華街の一つである京橋エリア。飲食店や風俗店が軒を連ねる激戦区で10月末、あるガールズバーがひっそりと店を閉じた。切り盛りしていた雇われ店長は16歳の少女A。キャスト(従業員)として支えたのは13歳を含む未成年の女子中高生たちだった。警察の摘発を逃れるため年齢を「ハタチ」と偽って集客を目指したが、1年弱で経営難に。11月には大阪府警の摘発を受けてAは逮捕され、キャストも補導された。給与は完全歩合制で、実入りがいいと言えるほどのものではなかった。「お兄さん、お兄さん、ガールズバーとかどうですか」。あまりに若すぎる店の実態は-。

「お前に任せる」

大阪市都島区東野田町の雑居ビル。エレベーターで4階に上がると、店の看板がピンク色のネオンに照らされていた。

「今度の新しい店、お前に任せるからやってみろ」

少女Aは、ある男に見込まれ、今年2月に店長に抜擢(ばってき)された。

この男は当時、主に京橋エリアで無許可ガールズバーなどを展開していたグループの中心人物だった。後に風営法違反事件などで府警に逮捕され、有罪判決を受けて現在は服役している。

Aはもともと、男が経営する別の飲食店で勤務していたが、一生懸命な働きぶりが評価されたのだ。