衝撃事件の核心

2人の間で常態化した行為とは?20歳女性遺体 逮捕されたのはビジュアル系

しかし、捜査関係者によると、川崎容疑者に自殺を試みた形跡はなく、現場からは未使用の練炭なども見つかっているという。県警は、川崎容疑者が2人で心中するように見せかけ、平山さんの首を絞め殺害した疑いを強めている。

首を絞める“行為”

それだけではない。友人によれば、川崎容疑者が平山さんの「首を絞める」という行為は、それまでにも何度も聞かされていたという。「何度も意識を失ったり嘔吐(おうと)したり、泡を吹いたりなどを繰り返していたようだ」と証言する。

友人の指摘通り、首を絞める行為が、常態化していた可能性は捨てきれない。

平山さんには目立った外傷はないが、首にうっすらと絞められた痕が残っていた。この痕は、いつできたものなのか。川崎容疑者に殺意はあったのか。捜査関係者によると、県警は川崎容疑者を殺人罪で立件することも視野に入れているという。

会員限定記事会員サービス詳細