衝撃事件の核心

2人の間で常態化した行為とは?20歳女性遺体 逮捕されたのはビジュアル系

友人の目には、2人の交際は順調に見えた。「川崎容疑者は平山さんの両親に結婚の挨拶もしていた」と聞いたことがあるという。

しかし、関係は2人だけのものではなかった。友人によれば、2人が付き合い始めて8カ月ほど経った11月下旬、川崎容疑者が同月上旬に別の女性と結婚し、式も挙げていたことが発覚したという。

友人は平山さんから、「その後仲直りし、(トラブルは)収まった」かのように告げられていた。だが、火種はくすぶり続けたまま、最悪の結末を迎えてしまったのだろうか。

自殺ほのめかすライン

2人は心中の計画を立てていたのか、平山さんのマンショの部屋には、練炭や七輪、粘着テープのほか、書き上げた婚姻届などが用意され、友人にもそうした準備を伝えていた。

ただ、以前から自殺をほのめかす内容のメッセージが何度も送信されてきていた友人は、いつしか真剣に受け止めなくなっていた。

9日午後3時ごろ、友人らに心中決行のLINEメッセージが届く。また、同3時半ごろには、川崎容疑者のツイッターアカウントからも、「僕はこの先、どんな姿であれど、どんな世界であれど、麗蘭とともに、一つでありたい」(現在は削除)と心中をほのめかす投稿がされている。

会員限定記事会員サービス詳細