【関西の議論】座るだけで健康チェック、開発進む「夢のトイレ」驚きの機能とは(1/4ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

関西の議論

座るだけで健康チェック、開発進む「夢のトイレ」驚きの機能とは

【関西の議論】座るだけで健康チェック、開発進む「夢のトイレ」驚きの機能とは
【関西の議論】座るだけで健康チェック、開発進む「夢のトイレ」驚きの機能とは
その他の写真を見る (1/2枚)

 トイレで排便するだけで健康状態がチェックでき、食生活の改善などの提案をしてもらえる-。そんな「夢のトイレ」の開発に向けた研究が、大阪大学などで始まった。「ハイスペックトイレ」と呼ばれるもので、便が溶け出した使用後のトイレ内のたまり水を測定し、腸の健康状態をチェックする。このうち一部技術について、2021年度までの完成を目指す。将来的には、測定結果から医師が食生活の改善やサプリメント摂取を提案することを目標にしている。「毎日のトイレから健康管理が始まる時代に」。研究に携わる大阪大産業科学研究所の山崎聖司助教(薬科学)は未来を描く。(細田裕也)

「値」を次々キャッチ

 山崎助教によると、汚れに強く、繰り返し使用できる特殊なセンサーを便器内に設置する。センサーには電極があり、電流の流れやすさなどの状況から、たまり水に含まれる成分を測定するという仕組みだ。

 例えば、排便後たまり水の性質を示すpH(ペーハー)値がアルカリ性に大きく偏ると、何らかの病気の疑いが強くなるといい、高機能センサーでキャッチする。このほか、肉類を食べた際に値が上昇するとされ、においの原因物質でもある「インドール」、大腸がん患者は数値が健康な人の2倍になるとの論文がある、同じくにおいの原因物質「スカトール」についても、センサーが検出。脂肪の取り込みとの関連があるとされる「短鎖脂肪酸」についても同様につかむことを目指す。