天皇陛下84歳

「皆さんの祝意に深く感謝」 一般参賀、平成で最多

 天皇陛下の84歳の誕生日を祝う一般参賀が23日、皇居で行われた。陛下は午前10時20分ごろ、皇后さま、皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻と長女の眞子さまとともに、宮殿・長和殿のベランダに並んで立ち、参賀者に笑顔で手を振って応えられた。

 陛下はマイクを通じ、「晴れ渡った空の下、誕生日に当たり、皆さんの祝意に深く感謝いたします」と謝意を述べた上で、「この一年もさまざまな出来事がありました。寒さに向かう今日(こんにち)、台風や豪雨により被害を受けた地域の人々、また、東日本大震災など過去の災害により、いまだ不自由な生活を送っている人々のことを深く案じています。今年もあとわずかとなりました。来(きた)る年が国民皆にとり、少しでも穏やかな年となるよう願っています」とあいさつをされた。

 宮内庁によると、午前中の参賀者だけで4万5900人となり、平成に入り最多となった。陛下が譲位の意向を示したビデオメッセージを公表された後の昨年の参賀者は、午後の記帳者を含め3万8588人だった。

 この日は朝から宮殿や御所で祝賀行事が続き、夕方に孫の敬宮愛子さま、悠仁さまが御所を訪れ、お祝いのごあいさつ。夜には皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻、黒田清子さん夫妻が御所に集まり、天皇、皇后両陛下と夕食を囲まれる。

会員限定記事会員サービス詳細