女子児童にスプレーを吹き付け、重傷負わす 男逃走 和歌山県警

 19日午後3時10分ごろ、和歌山県田辺市上芳養(かみはや)の県道を歩いて帰宅途中だった市内の小学校の女子児童が、車から降りてきた男にスプレー缶で液体を吹き付けられた。男は車で逃走。女児は顔の皮膚がただれており、全治3カ月の重傷という。和歌山県警田辺署が傷害事件として男の行方を捜査している。

 同署によると、男は女児を道を尋ねるような言葉で呼び止め、持っていたスプレー缶で液体を噴射した。女児が泣いているのに通行人が気付き、学校を通じて119番。逃げた男は眼鏡をかけていたという。

会員限定記事会員サービス詳細