ハンマー直撃で高2男子死亡 群馬・藤岡市の県立高グラウンドで

 20日午後6時半ごろ、群馬県藤岡市中栗須の県立藤岡中央高校で、ハンマー投げのハンマーが同校2年の男子生徒(17)の頭に当たったと、同校教員から119番通報があった。生徒は高崎市内の病院に搬送されたが、まもなく死亡した。

 県警によると、生徒はサッカー部に所属しており、事故当時は練習を終えて後片付け中だった。サッカーグラウンドに隣接する陸上部のグラウンドに何らかの理由で立ち入ったところ、別の生徒が投げたハンマーが頭に当たったという。

 県警が事故の詳しい状況などを調べている。

会員限定記事会員サービス詳細