千島海溝は巨大地震の常襲地帯 広範囲で大津波の恐れ

 南海トラフと同様の手法を採用した場合、隣接する日本海溝を含む3千キロという長大な断層が一度に動く非現実的な想定になってしまう。経験則に基づく今回の想定は「防災上必要な最大規模」を示した現実路線といえる。(小野晋史)