話の肖像画

プロボクシング元世界王者・具志堅用高(2) 入試で名前を書き忘れ…

 中学では野球部に入りました。駆けっこが速かったから陸上もやり、大会にも出ました。卓球もやりましたね。個人競技の卓球の方が野球より面白かったかな。卓球は体格が関係なく、忙しい動きをするスポーツは自分に合っていました。

 〈まさかの島の公立高校への入試失敗が人生を変えた〉

 高校入試で地元の県立八重山商工を受けたら落ちてしまいました。答案用紙に名前を書き忘れてね。人生の大きな分かれ道でした。八重山商工に行っていたら石垣島に残り、違う人生を送っていたね。

 縁があって沖縄本島の興南高(那覇市)に進学しました。同級生が私を誘い、ボクシング部の練習場に連れて行ってくれたのです。1年生2学期初めのことです。それがボクシングとの出合いでした。

 ボクシングを見るのも初めてでした。当時、石垣島のテレビはNHKしか映らず、民放が放送するプロボクシングの世界戦を見たことがなくてね。

 ボクシング部にはちゃんとしたリングがありません。授業後に教室の机を移動させ、サンドバッグを一つ一つぶら下げ、練習していました。

 実は1学期の後、退学したいと思っていました。学校生活が楽しくないし、野球部の門をたたいたら体が小さいから断られるし…。夏休みに石垣島に帰ったら、もう本島に戻りたくなくてね。でも親に怒られて、渋々戻りました。

会員限定記事会員サービス詳細