清水満のスポーツ茶論

現実を見つめ将来の夢へ…石川遼の決断

 師走…。日本列島を包んでいた寒気が一瞬、緩んだ初旬のある日…。男子ゴルフの石川遼が、ひとつの決断をした。

 「来年は国内ツアーを中心に戦いたい」

 2013年から5年間戦ってきた米ツアーからの撤退。当初、来年1月から開幕するウェブドットコムツアー(下部)に参戦して米ツアーへの復帰を目指すはずだった。石川が吐露した。

 「ゴルフに関してアメリカで、初めて周りがうらやましいと思った」

 15歳でアマチュアとしてツアー初優勝。プロ転向後も18歳で最年少賞金王(09年)に輝いた。最高峰である米ツアーへと夢を膨らませたが、圧倒的な飛距離と精度を誇る海外選手に嫉妬を感じた。そこで石川は「染まろうとした」。スイングを欧米流に変えたことで腰を痛め、本来持っている自らの良さまで失った。

 米ツアー通算145試合に出場、2位が2度、トップ10入りが11度。無念の撤退ともとれるが、日本に主戦場を置くというのは、むしろ賢明な選択だろう。