野党、巡航ミサイル導入方針に反発 識者「ナンセンス。ほかに方法あるのか」

 菅義偉官房長官は記者会見で、敵基地攻撃能力を米国に依存しているとしたうえで、「国民の平和な暮らしを守るために何をなすべきか、常に現実を見据えたなかで、さまざまな検討を行っていく責任が政府にある」と説明した。

 国際政治学者の藤井厳喜氏は、敵基地攻撃能力の保有に反対する一部野党の姿勢について、「ナンセンスだ。ほかにいい方法があるのか」と批判し、次のように続けた。

 「戦争を起こさないためには、日本が北朝鮮や中国に対する抑止力を持たなければならない。そのためには、敵基地攻撃能力を備えることが第一歩だ。これだけ北朝鮮が核開発を進めて情勢が変化しているなかで、政府解釈もまっとうな方向に変更する必要がある」

会員限定記事会員サービス詳細