渡辺麻友、AKB生活最後の記念公演…「寂しい」とぽつり

結成12周年記念公演でキュートに踊ったAKB48の前列左から渡辺麻友、柏木由紀ら。年内で卒業するまゆゆは寂しさもチラリ=東京・秋葉原
結成12周年記念公演でキュートに踊ったAKB48の前列左から渡辺麻友、柏木由紀ら。年内で卒業するまゆゆは寂しさもチラリ=東京・秋葉原

 アイドルグループ、AKB48が結成12周年を迎えた8日、東京・秋葉原のAKB48劇場で記念公演を行った。

 年内で卒業する渡辺麻友(23)はAKB生活最後の記念公演となり「寂しい」とぽつり。柏木由紀(26)ら同期と2006年の結成1周年イベントでファンの前に初登場したことを振り返り、「あれから11年か…」と感慨深げだ。

 この日、25歳の誕生日を迎えた総監督の横山由依は、2年前の記念公演でバトンを渡された前総監督の高橋みなみ(26)から公演前に連絡を受け「12年を迎えられたのは、みんなが頑張っているから」と祝福されたことを告白。高橋総監督時代は12年から3年連続で東京ドームでコンサートを開催。横山は「先輩たちが東京ドームの景色を見せてくれたから、ここにいるメンバーでもう一度、東京ドームに立ちたいです」と新たな目標を高らかに宣言した。

 AKBは05年12月8日、1期生が劇場公演デビュー。初公演には観客が7人しかいなかったことが語り草となっている。