MLB

大谷翔平がエンゼルスに入団へ 代理人が声明、球団も発表 明日会見

日本ハム・大谷翔平
日本ハム・大谷翔平

 【アナハイム(米カリフォルニア州)=住井亨介】ポスティングシステムで米大リーグ移籍を目指していた日本ハムの大谷翔平選手(23)が、ロサンゼルス郊外のアナハイムに本拠地を置くエンゼルスへの入団することになった。代理人、ネズ・バレロ氏が8日、声明を発表し、エンゼルスも大谷の入団を認めた。9日(日本時間10日)に入団記者会見を行う見通しであることも明らかになった。

 バレロ氏の声明は、「大谷は今朝(8日朝)、エンゼルスとサインすることを決めた。多くのチームによるプレゼンテーションに悩んだが、彼はエンゼルスとの強いつながりを感じるとともに、自身の大リーグでの目標を達成するのに、このチームが最もためになると信じている」としている。

 また判断にあたって、「(大谷が)最も重視したのは市場の大きさ、リーグなどではなく、エンゼルスとの絆だった」とし、「彼は次のレベル、競技人生の目標に到達するのに最適の環境だと思っている」と述べている。

 メジャーでも投打の「二刀流」を目指す大谷サイドは、全30球団に環境面やサポート態勢を説明した書類の提出を求めて選考を行い、7球団に絞り込んだ。7球団の幹部らとは4日から2日間にわたり、ロサンゼルスで大谷本人も同席して面談を行ったとみられる。

会員限定記事会員サービス詳細