北朝鮮情勢

「対話路線残っている」と山崎拓元自民党副総裁

自民党の山崎拓・元副総裁(酒巻俊介撮影)
自民党の山崎拓・元副総裁(酒巻俊介撮影)

 山崎拓元自民党副総裁は5日、東京都内で開かれた石原派(近未来政治研究会)の研修会で北朝鮮問題をテーマに講演し、緊張が高まる北朝鮮情勢について「この限界状況の中でできることは、最大限の圧力を加え続けることよりも、対話の路線は残さなければならないし、残っていると思う。そのことに期待して、事態の収拾を待ちたい」と述べた。

会員限定記事会員サービス詳細