【関西の議論】「ゴミから多額の現金」事例続々…孤独死、タンス預金、問われる家族のあり方(5/5ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

関西の議論

「ゴミから多額の現金」事例続々…孤独死、タンス預金、問われる家族のあり方

 同協会の小根英人副理事長は「『故人に資産はない』という思い込みが、間違った業者選びにつながることもある。大切なのは、1人暮らしの高齢者を孤立させないこと。日頃からの家族とのコミュニケーションが必要だ」と呼びかけている。