米韓「最大」訓練に北朝鮮「全面挑戦」と猛反発

 【ソウル=名村隆寛】米韓両軍は4日、約230機の航空機を動員する大規模な合同空中訓練「ビジラント・エース」を、韓国と周辺上空で開始した。8日までの予定。

 11月29日に型大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」を発射した北朝鮮に対し、ミサイル発射前の兆候を把握し先制攻撃能力を示すなど空軍戦力で圧倒していることを誇示する狙いだ。

 訓練は定期的なものだが、今回は米国の空軍、海軍、海兵隊らの兵士約1万2000人が韓国空軍とともに参加。過去に例のない「最大規模」(韓国軍)の訓練となる。米韓の8カ所の空軍基地から戦闘機や電子偵察機など230機余りが投入され、米軍機は在日米軍基地からも参加する。

 韓国メディアによれば、米軍嘉手納基地から派遣されたとみられる最新鋭ステルス戦闘機F22計6機が、3日までに韓国空軍基地に配置。このほか、在日米軍基地からはF35Bが、米領グアムからは戦略爆撃機B1が訓練に参加する見通しだ。

会員限定記事会員サービス詳細