イエメン武装組織が原発にミサイル攻撃か UAE側は否定

 【カイロ=佐藤貴生】ロイター通信は3日、イエメンのイスラム教シーア派系武装組織「フーシ派」が、アラブ首長国連邦(UAE)の原子力発電所に対して巡航ミサイルを発射したとの情報を伝えた。フーシ派系メディアがウェブサイト上で報じたが、具体的な証拠は明らかにしていない。UAE当局は、ミサイル攻撃を受けたとの報道を否定している。

会員限定記事会員サービス詳細