中核市で初、ツタヤ運営CCCが指定管理者候補者に 新和歌山市民図書館

 一方、図書館の運営実績についての評価はTRCが上回ったが、市は「CCCが(現在の市民図書館にある)移民に関する資料などを適切に扱ってくれると判断した」とし、新図書館での蔵書の選定については市でチェックして適正を確保するという。市の担当者は「CCCとともに市民の声を広く聞く機会を設けるなどし、新しい図書館をつくっていきたい」と話した。

会員限定記事会員サービス詳細