手帳オーガナイザー・桶下眞理さんの「管理」 楽しめることから先に記入

 手帳の使い方や楽しさをブログで発信。時間管理術などのノウハウも独学し、いつしか「手帳オーガナイザー」の講師として、時間管理に悩む人たちを救う側になった。

2冊使いも

 桶下さんの名刺には、「もうスマホで予定を見るのはおやめください」と書かれている。

 「スマートフォンのアラート機能は優秀ですが、タップするだけでは予定が頭に入りにくい」という。一方、手帳は「書くことで一度自分の記憶をすっぱりとリセットできる。書き、目で見て、さらに見直すことで一日の流れを思い出し、日々の予測も立てやすくなる。思いついたことをメモに書き留めておけば、後で読み返してみると、アイデアとして使えることもある」と、まさにいいことずくめだ。

 「能率手帳」を生み出した、日本能率協会マネジメントセンターNOLTY企画部の二宮昌愛さんも「働く女性の中では仕事とプライベートの2冊使い、という人も少しずつ増えています。試しに書いて、後で見返してみると、自分なりの気づき、楽しみがあります。それを発見してほしい」と話している。

会員限定記事会員サービス詳細