手帳オーガナイザー・桶下眞理さんの「管理」 楽しめることから先に記入

 具体的なアドバイスをあげてもらった。お弁当や出張といった家族の予定を色分けするなど、ポップに演出を。また年間スケジュールには、旅やエステといった、自分へのごほうび予定も忘れずに書く。

 通勤時間のうち5分間、手帳を見直すと、日々の時間を有効に使う手立てになるし、いつでも持ち歩きたいと思えるよう、カバーやシールといった、お気に入りカスタマイズも有効な手段といえそうだ。

 「手帳は書き込む前は『真(ま)っ新(さら)』な状態。自分に使い勝手がよいよう、自分色に染めていかなければいけません」

意外に無駄な時間

 平成18年、自ら会社を立ち上げた桶下さん。当時は、予定に振り回される毎日だったという。過度の予定の詰め込み、ダブルブッキング…。しかし27年、自ら手帳を作っている女性に出会ったことが転機となった。

 「おおよその予定を書き込むだけ、という使い方が間違っていたことに気づいたんです。一日の流れをきちんと書き込むと、意外に無駄な時間、アイドルタイムがある。そのアイドルタイムをいかに使うか、が自分の時間を見つけるための秘策です」

会員限定記事会員サービス詳細