【ZOOM】「オールナイトニッポン」50周年 9人目DJ・亀渕昭信「深夜放送は今のSNS」(1/4ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

ZOOM

「オールナイトニッポン」50周年 9人目DJ・亀渕昭信「深夜放送は今のSNS」

【ZOOM】「オールナイトニッポン」50周年 9人目DJ・亀渕昭信「深夜放送は今のSNS」
【ZOOM】「オールナイトニッポン」50周年 9人目DJ・亀渕昭信「深夜放送は今のSNS」
その他の写真を見る (1/3枚)

 ニッポン放送の人気長寿番組「オールナイトニッポン」が放送開始から50周年を迎え、さまざまな記念イベントを1年間かけて展開している。多くの名DJを生み出した同番組だが、放送開始当初は局アナらが務めていた。昭和44〜48年にDJを務め、カメちゃんの愛称で絶大な人気を集めた亀渕昭信・元ニッポン放送社長(75)に50年を振り返ってもらった。(兼松康)

 「受験生が増え、ロックやグループサウンズが出てきて…。そんな若者文化が大きく動く時代に、深夜放送は今で言うSNSの役割を果たしていたね」

 42年10月の番組開始当初、糸居五郎、斉藤安弘(やすひろ)、高岡●(僚のつくり)一郎、今仁(いまに)哲夫、常木建男(たつお)、高崎一郎がDJを務めた。いずれも局のアナウンサーやプロデューサーだった人物だ。

 「あまり金のかかった番組じゃなかった。まじめなDJとふまじめなDJが極端で、それぞれに人気があったね」と振り返る。