牧之原の乳児死体遺棄 女子大生に猶予付き判決

  乳児の遺体をポリ袋に入れて放置したとして、死体遺棄罪に問われた県立大看護学部3年の増田愛梨奈被告(21)=牧之原市波津=の判決公判が24日、静岡地裁で開かれ、肥田薫裁判官は懲役2年、執行猶予3年(求刑懲役2年)の判決を言い渡した。

 判決理由の中で肥田裁判官は「父親が不明などの理由で妊娠の発覚を防ぐため遺体を遺棄したことは、乳児のことを一顧だにしない身勝手な犯行だ」と指摘。その上で、本人が反省していることや家族が更生支援を約束していることなどを執行猶予付きの判決とした理由に挙げた。判決などによると、増田被告は2月24日ごろに女児を出産。その後、死亡した女児の遺体をタオルでくるみポリ袋に入れて静岡市内の自宅アパートで保管していたが、3月下旬〜4月上旬ごろに牧之原市内の実家の茶畑にある不用品置き場に遺棄した。

会員限定記事会員サービス詳細