エフエム福岡、出版事業を継承 「文栄出版社」雑誌を充実

 エフエム福岡(福岡市中央区)は22日、九州・山口地域のガイドブックを出版する「文栄出版社」(同市博多区)の出版事業を買収すると発表した。同じ社名の「文栄出版社」を100%出資で設立し、事業を継承する。

 エフエム福岡は、福岡で人気のグルメ雑誌「ソワニエ」を発行する。雑誌事業を新会社に移し、業務の充実や効率化を図る。

 新会社設立は12月を予定し、来年3月をめどに事業を継承する。

 昭和60年設立の文栄出版社は、地域情報誌「epi(エピ)」をはじめ、観光情報誌を発行してきた。地域の魅力を発信するノウハウを持ち、自治体との取引も盛ん。現在はコスメ事業も行っている。

 従業員は7人で、安岡佳信社長ら4人は新会社に移り、新会社の社長も安岡氏が務める。

 エフエム福岡は「放送事業と出版事業の充実により、当社が指向する福岡の総合エンターテインメント企業への一助となる」とコメントした。

会員限定記事会員サービス詳細