「これは詐欺じゃないか」 TPPベトナム会合でカナダ、合意表明先延ばしへ裏工作

 TPP参加11カ国が今月ベトナム中部ダナンで開いた閣僚会合で大筋合意を確認した際、カナダは合意をなかったことにしようと事実上の裏工作を行っていた。各国は憤りをみせており、カナダに冷淡な対応をとる一因となっている。

 「こういうことを詐欺と言うんじゃないか!」

 ダナンで10日夕方から開かれたTPP11の緊急閣僚会合で、茂木敏充経済再生担当相の怒声が響いた。

 11カ国は同日、カナダの反発を踏まえ9日夜の閣僚会合で大筋合意した条文と閣僚声明の内容を再確認した。この際、カナダが出した声明文の修正案が問題になった。

 閣僚間の大筋合意は認めるが、声明文では3段落目にある「大筋合意」の表現を、「核心要素の合意」に直してほしいというもの。

 日本交渉団はこの提案に「胸騒ぎを覚えた」(関係者)。カナダは合意の表現だけ直したいと言いつつ、なぜか修正案は声明文全体に及んだからだ。案の定、全文を確認すると最後の方に「大筋合意に至るには次のような作業が残っている」との文言を忍び込ませていた。

 声明文に、この文言が入れば、規定の作業が終わるまで大筋合意は成立しない。各国は再び閣僚間で大筋合意を確認する必要があり、発効に向けた手続きが大幅に遅れる恐れがある。