【大学の常識をぶっ壊す(1)】海外の客観的評価はまさかの「早慶近」 近大総務部長、世耕石弘さん(1/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

大学の常識をぶっ壊す(1)

海外の客観的評価はまさかの「早慶近」 近大総務部長、世耕石弘さん

【大学の常識をぶっ壊す(1)】海外の客観的評価はまさかの「早慶近」 近大総務部長、世耕石弘さん
【大学の常識をぶっ壊す(1)】海外の客観的評価はまさかの「早慶近」 近大総務部長、世耕石弘さん
その他の写真を見る (1/5枚)

 志願者数4年連続日本一を達成し、知名度を全国区にした近畿大学。話題の広報や広告を次々に手がけるなど躍進の仕掛け人となった総務部長の世耕石弘(いしひろ)さん(48)が、著書「近大革命」を発刊した。古くさい日本の大学界の序列をぶっ壊すためもがき続けているという世耕さんに、大学のブランド力を飛躍させた独自のコミュニケーション戦略などを聞いた。

 --本を出版しました

 世耕 平成19(2007)年に近畿日本鉄道(現・近鉄グループホールディングス)の広報担当課長から近大に転職してちょうど10年。3代目理事長だった父、弘昭の七回忌にあたる年だったこともあり、この節目に近大で挑んできたことをまとめておこうと思いました。

 --転職当時は苦労されたとか

 世耕 受験界で近大が評価されていないことを痛感しました。誇るべき合格実績に入れてもらえていない。近大の入試制度の説明に高校や予備校を訪問したとき「うちはおたくの大学なんてターゲットにしてません」と門前払いされたことが何度もあります。

 --厳しい現実です

 世耕 近大がはまり込んだ痛い現実の正体は根拠もはっきりしないことの多い大学の「くくり」。私は関西の大学には3つのリーグがあると考えているのですが、一部リーグは京都大学、大阪大学、神戸大学です。二部リーグは、関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学の「関関同立(かんかんどうりつ)」。三部リーグが京都産業大学、近大、甲南大学、龍谷大学の「産近甲龍(さんきんこうりゅう)」と呼ばれ、近大はここに置かれます。この中で、いくらがんばっても抜けられない「入れ替え戦のないリーグ」の状態が続いているのです。

 --痛い現実から脱出するため何をしたんですか