阿比留瑠比の極言御免

「東京裁判」史観克服の遺言 日米同盟の深化が必要だからこそ占領の影響を克服せよ

 ただ、だからといって日本が米国製の歴史観、日本弱体化を狙った憲法をそのまま受け入れ続け、精神的に支配されていなければならないいわれはない。

 占領期とは、直接的な武力行使はなくともあくまで戦争の継続期間であり、連合国軍総司令部は明瞭な目的と意図を持って日本人や日本のメディアを操り、洗脳していたのである。

 そのことの意味と現在に続く影響を、われわれはもっと意識し、克服しなければならないのではないか。占領政策や東京裁判が、現在のメディアのあり方にどうつながっているかを-。

 シンポ会場では、篠原氏の話を聞きながら、改めてそんなことを考えていた。篠原氏が残した言葉を胸に刻みたい。

(論説委員兼政治部編集委員)

会員限定記事会員サービス詳細