浪速風

「魔法のラーメン」は二人三脚で生まれた

安藤百福(ももふく)さんは悩んでいた。スープの味を染み込ませた麺を、長期保存できるよう乾燥する方法がわからない。ある時、妻の仁子(まさこ)さんが揚げる天ぷらを見て、「これだ!」とひらめいた。麺を揚げると水分をはじき出して、表面に無数の穴ができる。熱湯を注ぐと、そこから吸収されてゆでたての麺になる。

▶自伝「魔法のラーメン発明物語」から。来年はチキンラーメンが誕生して60年になる。記念の年に2人をモデルにしたNHKの連続テレビ小説「まんぷく」が放映される。世界初への挑戦を支えた内助の功に、スープの仕込みから製品の袋詰めまで家族総出の家内工業…。ドラマの要素がたっぷりある。

▶インスタントラーメンは富士(現みずほ)総合研究所が2000年に行った「世界に誇れる20世紀最大の日本の発明」調査で1位になった。料理上手で食べ歩きが趣味のグルメ夫婦が離婚して、夫がつぶやいたそうだ。「これでやっとチキンラーメンが食べられる」