安倍晋三首相、APEC台湾代表と会談

11日夜、ベトナム中部ダナンで記者会見する台湾のAPEC代表の宋楚瑜親民党主席(田中靖人撮影)
11日夜、ベトナム中部ダナンで記者会見する台湾のAPEC代表の宋楚瑜親民党主席(田中靖人撮影)

 【ダナン=田中靖人】安倍晋三首相は12日午前、アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議のため訪問していたベトナム中部ダナンで、台湾のAPEC代表の宋楚瑜氏と会談した。

 安倍首相は「台湾は価値観を共有し緊密な経済関係と人的往来がある重要なパートナーだ」と述べ、両氏は引き続き緊密な実務関係を深めていくことで一致した。

 また、宋氏から最近の中台関係についての説明があり、安倍首相は中台関係が当事者間の直接対話により平和的に解決され、地域の平和と安定に寄与することを期待していると表明した。

 会談は約30分間行われた。両氏は昨年ペルーの首都リマで開かれたAPEC首脳会議の場でも短時間、接触している。

会員限定記事会員サービス詳細