鑑賞眼

歌舞伎座「吉例 顔見世大歌舞伎」 幸四郎、心に響く悠然の哀調

 顔見世にふさわしい大顔合わせ。名優たちが名作の名シーンを、次代へつなぐ至芸と精神で演じ切った。

 昼は、市川染五郎が本水使用の大滝の中、2役早替わりで鯉の精と格闘する1幕「鯉つかみ」で幕開き。続いて、中村吉右衛門(きちえもん)が安倍貞任役で「奥州安達原(おうしゅうあだちがはら)」。仇敵(きゅうてき)への憤怒と家族への恩愛(おんない)。対照の感情に揺れる貞任を歌舞伎味たっぷりに演じる。中村雀右衛門(じゃくえもん)の悲哀さ、中村東蔵、中村歌六の老耄(ろうもう)さが万全。「雪暮夜入谷畦道(ゆきのゆうべいりやのあぜみち)」は、直次郎(尾上(おのえ)菊五郎)と三千歳(みちとせ)(中村時蔵)の今宵限りの逢瀬が断然。追われる身ながら御家人崩れと抱え遊女。余所事(よそごと)浄瑠璃「忍逢春雪解(しのびあうはるのゆきどけ)」の声に呼応して、無言で交わす所作の艶。作る色気、見る色気、感じる色気に呆然(ぼうぜん)。平成の名コンビだ。そば屋の場、按摩(あんま)丈賀で東蔵。

 夜は、「仮名手本(かなでほん)忠臣蔵」から。五・六段目の早野勘平を片岡仁左衛門(にざえもん)が完璧な二枚目で楽しませる。腹切りに至る作りの丁寧さに勘平の苦悩の深さが知れる。おかるに片岡孝太郎(たかたろう)。「二つ玉」で染五郎が模範的な定九郎。「新口村(にのくちむら)」は、坂田藤十郎が当たり役の忠兵衛。梅川に中村扇雀、孫右衛門に歌六。切りの新歌舞伎「元禄忠臣蔵」から「大石最後の一日」が出色。松本幸四郎の大石内蔵助、染五郎の磯貝、松本金太郎の細川内記。3人最後の当代名ですがすがしい出番。幸四郎が奏でる悠然の中の哀調が現代人の心に響き、芝居を紡ぐ。仁左衛門が上使役で餞(はなむけ)。25日まで、東京・銀座の歌舞伎座。(劇評家 石井啓夫)