ひなちゃんパパの家族レシピ

冷めてもおいしい変わり種照り焼き サバのゴマ焼き

サバのゴマ焼き
サバのゴマ焼き

秋から冬にかけておいしくなる魚といえばサバ。脂がのったところを塩焼きにすると、こたえられないおいしさです。行楽シーズンにぴったりな、お弁当のおかずに合うサバ料理もマスターしたいな。

「ゴマをたっぷりとまぶしつけて焼く、変わり種の照り焼きにしてみましょうか? 冷めてもおいしいからお弁当に最適よ」

江上料理学院副院長、江上佳奈美先生がとっておきの一品を紹介してくれました。

ゴマサバという種類のサバは知ってますが、果たしてゴマとサバの相性は?

まず、いつもの照り焼きと同じ要領でしょうゆ、みりん、酒を合わせてサバを漬け込み、下味をつけます。30分ほどたったら、「ここで汁気をキッチンペーパーで拭き取るのがポイント。そうすると、ゴマがちゃんとくっつくの」と江上先生。

ゴマは白でも黒でも、それから2色を混ぜて使ってもOK。サバにまぶしたら優しく押さえるようにして、密着させます。

フライパンで両面をこんがりと焼いて出来上がり。ゴマの香りとおいしそうな照りが食欲をそそります。