関西の議論

和歌山の日本酒「高垣」偶然人気ゲームキャラと同名・同郷→ファン殺到で老舗酒屋大ブレーク、何が受けるかわからない

【関西の議論】和歌山の日本酒「高垣」偶然人気ゲームキャラと同名・同郷→ファン殺到で老舗酒屋大ブレーク、何が受けるかわからない
【関西の議論】和歌山の日本酒「高垣」偶然人気ゲームキャラと同名・同郷→ファン殺到で老舗酒屋大ブレーク、何が受けるかわからない
その他の写真を見る (1/7枚)

 和歌山市の老舗酒屋「松尾酒店」で今春発売された日本酒「高垣」が、人気ゲームに登場する「高垣楓(かえで)」という和歌山出身の女性キャラクターと同名ということでネット上で話題を呼び、飛ぶように売れている。店にはほかにも、このゲームのキャラクターと似た名前の日本酒が幾つかあり、多くのファンが来店。聖地巡礼ならぬ清酒巡礼として話題だ。店側はゲームのことは知らずに命名したといい、「偶然の一致」がネットを通じアニメファンを引き寄せた形だ。

「高垣」と「高垣楓」

 和歌山市のシンボル、和歌山城から西に歩いて20分ほどの閑静な住宅街。松尾酒店はその一角にあり、約25平方メートルの店内に酒類がところ狭しと並ぶ。「高垣」はレジ近くに、高垣楓のフィギュアとともに置かれている。

 「高垣」は、和歌山県有田川町の酒造メーカー「高垣酒造」と同店がコラボレーションしたプライベートブランド(PB)の日本酒として4月に発売。同店だけで売っており、一升瓶で税込み2592円。名前は高垣酒造から付けたもので、関係者はゲームやキャラクターのことは知らなかったという。

 このゲームは「アイドルマスターシンデレラガールズ」(通称デレマス)といい、アイドルの卵をトップアイドルに育てるシミュレーションゲーム。平成23年に配信が始まり、ダウンロード数は500万を超えた。そこに登場する「高垣楓」は「和歌山出身、日本酒好きの25歳」という女性キャラクターで、同ゲームのファンの人気投票でもトップだ。