トランプ氏訪韓

トランプ大統領、南北非武装地帯の電撃視察を断念 悪天候で

 【ソウル=黒瀬悦成】米ホワイトハウスは8日、韓国を訪問中のトランプ大統領が同日、南北軍事境界線がある板門店の非武装地帯(DMZ)を電撃視察しようとソウルからヘリに現地に向かったものの、天候不良のせいで断念したことを明らかにした。

 サンダース大統領報道官によると、トランプ氏は早朝、滞在先であるソウル市内のホテルから同市の在韓米軍龍山基地に車で移動。同基地から2度にわたりDMZに向け飛び立ったものの、霧のため視界が悪く2回とも引き返した。

 サンダース氏によると、トランプ氏は韓国の文在寅大統領と一緒にDMZ視察を予定。米韓の大統領が一緒に現地を視察するのは異例とされ、サンダース氏は、訪問が実現していれば「米韓同盟の強さと重要性」を示す「歴史的な瞬間」となったはずだと述べた。

会員限定記事会員サービス詳細