侍ジャパン

稲葉篤紀監督インタビュー 16日に初陣「まずは勝ちたい」

 「投手を中心とした守り勝つ野球。現役時代から、そういう野球をやってきたし、指導者になったときもやりたいと思った。自分が野球を経験してきた中で、一番嫌なのは足を使われること。機動力を使いたいという理想もある」

 --現役時代は5人の監督の下でプレーしたが、最も影響を受けた監督は

 「一番は、ヤクルト時代の野村克也監督。野球の本質を教えていただいた」

 --今大会での投手陣の構成は

 「先発は多和田(西武)、今永(DeNA)、薮田(広島)、田口(巨人)らを考えている。中継ぎ、抑えまでどうやって持っていくか。抑えは山崎康(DeNA)と又吉(中日)のどちらか。守護神を育てるという意味では、山崎康にやってほしいという思いはある」

 --4番打者は

 「オーバーエージ(OA)枠で入ってもらった(西武の)山川でいこうと思う。チームで4番を打っているし、今年、良い結果を残した」

 --大会は選手の育成という面もある

 「この世代から、東京五輪に出場する選手がたくさん出てきてほしい。大会を経験をして『今後も日の丸を背負いたい』、『東京五輪に出たい』という気持ちになってもらえたら良い」

 --意気込みを

会員限定記事会員サービス詳細