浪速風

首脳のゴルフスコアは国家機密? 金正日氏初コースで38アンダー伝説、日米首脳グリーン会談の成果は

安倍晋三首相(左)との会談を前に栄誉礼を受けるトランプ米大統領=6日午前、東京・元赤坂の迎賓館(松本健吾撮影)
安倍晋三首相(左)との会談を前に栄誉礼を受けるトランプ米大統領=6日午前、東京・元赤坂の迎賓館(松本健吾撮影)

金正恩朝鮮労働党委員長の父親の金正日氏は、とてつもない天才ゴルファーだったらしい。初めてコースを回って、ホールインワンを11回、スコアはなんと38アンダーの34。あまりに簡単なので、二度とゴルフクラブを握らなかったそうだ。もっとも天才伝説を目撃したのはボディーガードだけのようだが。

▶来日したトランプ米大統領が安倍晋三首相とゴルフを楽しんだ。ゴルフ発祥のイギリスには古くからこんな格言がある。「コースに身分、地位、肩書を持ち込むべからず」。2人も親しい友人としてプレーしたのだろう。このところ日曜ごとに台風がやってきたが、秋晴れがなによりだった。

▶大宅壮一の「緑の待合」はもう死語だが、日米首脳が接待ゴルフで遊んでいる場合か、と一部で評判が悪い。が、水入らずのグリーン会談はきっと成果があったはずだ。北朝鮮は耳をそばだてているに違いない。2人のスコアは国家機密にしておいた方がいい。