デビュー

「イップス」に苦しんだ経験生かした指導者に…プロ野球投手から京大コーチへ 近田怜王(ちかだ・れお)さん(27)

 --イップスに悩み、葛藤もあったのでは

 高校生でなったときは野球をやめようかと思いました。JR西で上手投げから横手投げに変えたのもイップスが原因でしたし、完治はしませんでした。最近はイップスに苦しむ選手も多いのでその気持ちを分かってあげられる指導者になりたいです。プロにいたときも「いつか指導者になったときにこの経験が絶対に生きる」をモチベーションにして練習していました。

 --報徳学園高野球部の仲間の存在は今も大きい

 同級生は24人でしたが、プロに行ったのは僕だけでした。なので「近田にはずっと野球に関わってほしい」「いつJR西の監督になるの」とよく言われます。そういう言葉がうれしいですし、励みになっています。

 --今後の目標は

 京大では毎年優勝が狙える戦力を作りたいです。野球選手である前に学生なので人間性を身につけてもらい、さらに野球もうまくなってほしい。人に物事を教えるために、僕も毎日が勉強です。

 ちかだ・れお 平成2年4月、兵庫県三田市出身。小学2年で野球を始め、報徳学園高(兵庫)ではエースとして活躍。1年秋の近畿大会決勝では「怪物」と呼ばれた中田翔(現日本ハム)擁する大阪桐蔭高(大阪)に1失点完投勝利した。春夏3度の甲子園に出場。20年のドラフト会議でソフトバンクから3位指名され入団、1軍登板がないまま24年に引退した。JR西硬式野球部でもプレーし、現在は同社社員としてJR三ノ宮駅で構内アナウンスや改札業務などを行う。