「改革」あれこれ

核抑止力均衡の綻び…偶発危機への緊張感が弛緩、北朝鮮の開発は看過された JR東海名誉会長・葛西敬之

 今問われているのは往時のパーシングIIに当たる今日的「蛇」とは何かということである。在日米軍の核装備化、自衛隊による敵基地打撃能力の保有、日米合同演習による実力の示威、日本における安全保障意識の覚醒などは中国に北の核兵器が自らにとって好ましからぬ結果を招いたことを認識させる。中国は隠れ支援者の立場を改め、核兵器廃棄を強いる側に立たざるを得なくなるだろう。

 国際社会の安全保障情勢は年々変化する。それを織り成すのは独立至尊の主権国家であり、国家が国民に対して負う最小限度の責務は「国民の生命保護」と「国土の保全」である。この世界常識を踏まえない全ての法とその解釈は有効な規範力を持ち得ない。(かさいよしゆき)

会員限定記事会員サービス詳細