維新・松井一郎代表、苦境の中のかじ取り 来月、代表選の可否議決 続投の公算大も…

 先の通常国会では改正組織犯罪処罰法の修正協議で与党から譲歩を引き出すなど一定の存在感を示してきた。だが、「大阪の盟主」(自民党ベテラン)という評価が揺らげば国会戦術への影響も必至だ。国政進出5年を迎え「新党感」も乏しくなった。

 「新党がポコポコ出るもんですからね。(維新は)既成政党視され、『並みの政党』になってしまった」

 片山虎之助共同代表はこう嘆いた。(松本学)