来月5日来日のトランプ米大統領と「自由で開かれたインド太平洋戦略」協議へ 日本政府 中国牽制も

ドナルド・トランプ米大統領のツイッター
ドナルド・トランプ米大統領のツイッター

 政府が、安倍晋三首相と11月5日に来日するトランプ米大統領との首脳会談で、安倍政権が掲げる外交方針「自由で開かれたインド太平洋戦略」を主要議題の一つとして取り上げる方向で調整していることが26日、分かった。同戦略について両首脳間で必要性が共有できれば、推進に大きな弾みとなる上、東・南シナ海などで軍事プレゼンスを強化する中国への牽制(けんせい)にもなりそうだ。

 日米首脳会談では、北朝鮮情勢のほか中国への対応についても主な議題になる見通しだ。

 インド太平洋戦略は、安倍首相が昨年夏のアフリカ開発会議(TICADVI)で、安全保障協力やインフラ整備などを包含する外交方針として打ち出した。中国の習近平国家主席が掲げる現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」に対抗する構想と位置づけられている。

 日米両首脳は2月の会談の際に、同戦略が推進する、海洋の自由を含む国際法に基づく海洋秩序維持の重要性を確認している。今月18日にはティラーソン米国務長官が訪印に先立って行った講演で、中国が海外で展開する不透明なインフラ事業などに言及した上で、インド太平洋地域の平和と安定と繁栄を守ることの重要性を強調した。

会員限定記事会員サービス詳細