「不滅の男」遠藤賢司さん死す、がん闘病中も曲作りやライブ続行

胃がんで死去した遠藤賢司さん。俳優として出演した映画「中学生円山」のイベントで元気な姿を見せていた(2013年撮影)
胃がんで死去した遠藤賢司さん。俳優として出演した映画「中学生円山」のイベントで元気な姿を見せていた(2013年撮影)

 「カレーライス」などのヒット曲で知られ、24日から昏睡状態に陥っていたシンガー・ソングライター、遠藤賢司(えんどう・けんじ)さんが25日早朝、胃がんのため東京・新宿区の病院で死去した。70歳だった。エンケンの愛称で親しまれ、1960年代から70年代初めのフォークソングブームをけん引。昨年6月にがん闘病を公表後も亡くなる直前まで音楽活動を続け、最期までアーティスト魂を貫いた。