浪速風

朝日はプリンシプルにも難癖をつけるのか

「政府与党が過半数を制している議会においては、政府与党の提出する法案が通過成立することは当り前であるということを認めないのか」「反対党がその法案をそんなに嫌なのなら、この次の総選挙に勝って絶対多数を制して自民党内閣をたたきつぶしてその法律を廃止すればよいのです」

▶吉田茂の側近だった白洲次郎の「プリンシプルのない日本」(メディア総合研究所)から。昭和44年に書かれた。少数意見は尊重しなければならないが、最後は多数決によって決する。多数は選挙で国民から与えられる。それが議会政治のプリンシプル(原則)だ。衆院選は与党が大勝した。

▶朝日新聞の論説主幹は「総じて首相の手にする権力が大きくなりすぎた」と書き、社説は「数におごることなかれ」という。どうでも難癖をつけたいらしい。けしかけられた野党は「何でも反対」で、実のある議論にならない。白洲は「私はまずマスコミの反省を望みたい」と書いた。