希望・小池百合子代表発言全文

「私が責任負う」と謝罪も代表は継続 国会運営は「国会議員に」

【希望・小池百合子代表発言全文】「私が責任負う」と謝罪も代表は継続 国会運営は「国会議員に」
【希望・小池百合子代表発言全文】「私が責任負う」と謝罪も代表は継続 国会運営は「国会議員に」
その他の写真を見る (1/5枚)

 希望の党は25日、国会内で衆院選後初めての両院議員懇談会を開き、小池百合子代表(東京都知事)は「私の言動によって多くの人を傷つけた。改めて謝りたい」と謝罪した。選挙結果については「多くの有為な人材を失った。残念至極だ。よい結果を出すことができなかったことには、私が責任を負う」と述べ、改めて完敗との認識を示した。小池氏の冒頭発言全文は次の通り。

 希望の党代表・小池百合子でございます。本日は初めての両院議員懇談会を開催させていただきました。まだ選挙の余韻が残っている中、いろいろな後片付け、さまざまなお礼等々、そのさなかでございますが、ここでこうやってお集まりをいただきました。ありがとうございます。そして、なによりも勝ち上がってこられた皆さま方た、本当にご苦労さまでございました。

 この懇談会に際しまして、私からいくつか申し上げておきたいことがございます。まず一つ目といたしまして、今回の総選挙、非常に時間が短い中での党の立ち上げとなり、皆さま方も現場も、ポスター作りからなにからなにまでこれまで経験のないような選挙に突入したかと存じます。

 それに加えまして、私の言動によりまして同志の皆さま方には大変ご苦労をおかけしたこと、これにつきましては、心ならずも多くの方々を傷つけてしまったことについても、改めて謝りたいと思っております。